2016年02月11日

今ある環境を生かす -おかれた場所で咲きなさい-


宇宙につながっているのは、
過去でもなく、未来でもなく
「今」のみである。

貴方の歴史を創っているのは
過去でもなく、未来でもなく
「今」のみである。

時間は過去から未来に流れて
いるのではなく未来から現在に
向かって流れている。


量子物理学の世界では、
未来が現在に影響を与えること
があるらしい。

とすると
「未来のありたい姿で今を生きる」
ことがとても重要だという
ことになる(のかなぁ)。


そういえば子供のころは、
スポーツとか遊びでは自分の
ヒーローに「なりきって」
遊んでいたはずだ。


そういう意味では「形から入る」
というやり方もあながち捨てた
ものじゃない。

それは何も難しい話
じゃなくて、
子供のころから自然に
やってきたことだ。

大人になってもスポーツを
するときは「誰かになりきる」
感性は重要だと思う。


仕事の場合、尊敬する上司や
その業界での有名人を「メンター」
として無意識に真似ていたりする。


それは「ミラーニューロン」と
いって人間は必ず誰かに
「影響されている」ことは
脳科学的にも証明されている。


そーいえば仙人さんは、
「自己イメージはあなたが
普段接している人全員の
イメージを混ぜ合わせて
シェイクしたものであって、
決してあなた一人で作り上げた
ものじゃないよ」と
言っていたな〜。


だから「将来のありたい姿(人)」を
イメージし、「今」に集中して
生きることが成功へのマインド
セットの最も重要な要素の一つ
なのではないだろうか? 

ということに想いをはせる。

おれは結構「環境適応力」には
自信があるんだけど、それは
「ミラーニューロン」機能が高い
ということかもしれない。


という意味では良いメンターを
選んでよい影響さえうければ
成功できるのかな。

俺の弱点は
「未来をイメージしすぎて
今をおざなりにしがち」
なところか。

というか、やらなければならない
ことを未来に「先送り」にしている
自覚がある。
確信犯だ。


自分の置かれている環境のなかで
足りないところを嘆いたり、
他人を羨んでみても確かに

「何も生まれない」。 


時間を無駄にしているだけ。

自分が置かれてる環境なんて、
自慢しようとも嘆こうとも、
上には上があるし、
下には下がある。


持っていない事を嘆くより、
「今持っているもの」に感謝し
誇りに思うようにしよう。

「おかれた場所で咲きなさい」
ってことだ。

突破口は「自分と向き合うこと」
でしか得られない。


「将来のありたい姿」をできるだけ
細分化し、それを実現する為の日常
習慣を構築する。

その為に具体的な方法を
「ルーテイン化」する。

「小さなことからコツコツと」だ。

将来の成功とそれを味わっている
自分をイメージしながら
地味な今に耐える。

例えば農家の人達は未来で美味しい
作物が成ることを想像して地味な
農作業に耐えているのだ。

いや「耐えている」なんて失礼だ。
きっと「楽しんでいる」んだろう。

そういう境地にたどり着かなれば
何事も成し遂げられないような気はする。

気はするけど。。。


自分のモチベーションを
自由自在にコントロールできれば
最強になるのにな〜と思う。

頑張れ、俺。

小さなことでも「確実にこなす」ことを
今年のノルマとしよう。

「例え下手でも
 やる価値があることはやり続けるべき」だ。

「末は大河となるべき川も
 しばし木の葉の下くぐるなり」だ。

↓↓↓この中で語られていることの5%だけ↓↓↓
↓↓↓自分のものにできたら成功できるのに↓↓↓



もっと見て
posted by やす at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月10日

冷水シャワーじゃなくて冷温シャワーを始めてみたら、俺の肉体が。の件 その①

「冷温? 冷水の間違い
 なんじゃないの?」と
思っかもしれませんがが、
冷温シャワーのお話です。


 とあるきっかけは、
あるテレビ番組でメタボの
芸人コンビが2泊3日の滝行で
ダイエットするという話しで、


気温0度近い山中で、
食事はお茶と梅干しのみという
ほぼ絶食状態の中、朝夕2回、
計6回の滝行をおこなうという

「リアクション目当て」のイジメに
しか思えない企画であった。


案の定、その芸人コンビは
ダチョウ上◯か出◯哲◯なみの
リアクションで笑いをとっていたが、
当の本人達は「洒落にならん!」状態で
死にそうな顔をしていた。


見ている側からして
もちょっと可哀想に感じるぐらい。


だがしかし、二人の芸人を指導した
滝行マスターみたいな人は
一人涼しい顔で滝にうたれる。


曰く、「冷たい滝に打たれ、
身体に「命が危ない」という
危機感を与えることで、
本来人間に備わっている免疫力や
代謝機能がフルに活性化されることに
なり、ダイエットにも有効なのだ」
とのこと。


事実、その芸人達はたった一日で
みるみる精悍な顔つきに変わったように
見え、二日目の滝行は一切笑い無しだった。


終わってみたら、たったの二泊三日で
5Kg以上のダイエットに成功し、
「滝行スゲー!」みたいになってた。


というわけで冷水シャワーの効果を
まとめると面倒くさいので
↓↓↓こちらを参照いただきたい。↓↓↓↓


身体の免疫力や代謝機能が活性化
されることにも充分ピクっときたが、
なんといっても、「生殖能力があがる」
いうのに激しく反応。
たしかに男性の生殖能力向上に
「◯冷シャワー」がいいとかなり
以前から語られていたな〜。。と。

「俺もやってみようかなー」と思って
いた矢先、俺の肉体進化の師匠とも
いうべき仙人さん曰く、
「違う!冷水ではなく冷温シャワーだ!」
とおっしゃられた。

冷水じゃなく「冷温シャワー」だと。

10℃以下の冷水と45℃ぐらいの
ほぼ熱湯を1分おきぐらいに交互に
浴びるのだと。

「冷た!ちめた、ちめた、
ちめたーーーい!」が1分で、
次に
「熱っち!あち!あち!
 あっっっっちーーー!」で
1分だと。

これを交互に繰り返すのだと。

仙人さんいわく、
「この冷たい水と熱いお湯の
交互をやるというのをやって
ほしいのだ。特に病気の人と
いうのは積極的に
3、4回やったほうが良い。

なんでいいかっていうと、

身体中の血液の循環が

ものすごくよくなる。

冷たくすると血液が全部

心臓に向かうのだよ。

心臓マッサージとして。


そして熱くすると

今度は血液が全部全身の

末端に向かう訳だ。

だから血管マッサージ

みたいな感じになる。


全身の血管をもう

ギュッギュマッサージする、

パンプさせるという感じ

、だから栄養が

全部全身の細胞にまわる

という感じになる。


すっごく元気になるぞ。」らしい。


俺も早速やってみたのだが、

この続きは次回へ。。。。


以上


よろしかったらのぞいてみたください

 ↓↓↓↓

 肉体も頭脳もマインドも

 生殖能力も全て進化しませんか。


  

もっと見て
posted by やす at 16:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月01日

糖質制限ダイエットで仙人さんのような生活をしてみた

この本を読んでみた。



糖質制限をしている者なら、著者の
ブログは誰でも一度は見たことが
あるだろう。

本来は、自分の専門である「湿潤療法」
というケガ治療法を紹介するはずの
ブログが、いつの間にか糖質制限の話
ばかりになったのはいつの頃からか

俺はこの本をきっかけに糖質制限を
始め、昨年1月まで、83kg
あった体重が現在75kg。
ズボンのウエストサイズは
92cmから85cmに。
血圧がいつも上190、
下105くらいと大変高かったのに、
今は上147、下90くらいまで
下がった。

体重が落ちたことも嬉しいが、

「スマートに体型変化した」

「減量を成功させたことで
  自分に自信が持てた」

「趣味の野球、
 ゴルフの成績がよくなった
  (何故か飛距離が伸びた)」

「こころなしか(?)周囲の女性
 の笑顔が増えた」等々。

2015-10-09 09.41.57.jpg
俺がおこなった具体的な糖質制限
の実施策としては、

1. ラーメン、うどん、パスタ等の
 麺類を極力やめた。

今までは毎日必ず何らかの
炭水化物(米、パン、麺類)を
食べていたが、今は月に2回
くらいまで減らした。

2. 夕食は、食前に必ずサラダを
 皿いっぱい分食べて、できるだけ
 野菜で腹を膨らませるようにした。

しかし、糖質制限しようとすると
好物はまったく食べられない。
コンビニでつい手にとってしまう
ものは全て炭水化物が含まれている。
普段いかに過剰な糖質を摂取して
いたかに気付かされる。

食べられるのは豆類かするめぐらい。

まるで仙人さまのような生活に。


3.それだけでは続けていく自信が
 ないので、月2回程、自分に
「ご褒美をやる」ような感覚で
 好物のラーメン(天一こってり)を
 食べることが楽しみ。
(これがまたよりうまいのだ!)

で、肝心の本の内容だが、
純粋な糖質制限の話は冒頭のわずか
だけなのでそういう意味では読む人
にはちょっと後半が重すぎか。

進化の話は、「炭水化物がいかに
不要なものか」との解説なのですが
もう少し短くてもいいように感じた。
ケトン体との関連についても
もう少し詳しく説明してほしかったなあ。

あと、糖質制限大礼賛に終始しており、
客観的なデータや、リスク等には言及
しておらず、盲信してしまうと危険かな〜
と感じた。

それでも、現代の30代以上の特に
男性の多くの人にとって糖質制限が
メタボ脱出に大変有効なのは確かだ

俺は十分に読み応えがあったが
読むなら、糖質制限中級者以上の人が
いいのかもしれないなぁ。

糖質制限も大事だけど、
本当に大事なのは
「食べ合わせ」の良し悪し
なんだけどなぁ。
デトックス水.jpg

フルーツジュース
重度の糖尿病患者が
回復した例があります
↓↓↓↓




posted by やす at 12:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする