2016年02月17日

「3つの原理」人類はどのように進化するのだろう

今日はこの本で進化したい。

ょっと古いが、
あの神田昌典さんの翻訳で、
本人が絶賛していたので数年前
手にとってみたが、かなり難解で
ちょっと後悔した記憶がある。

著者が独自に考案した
 ・「カーストモデル」(社会階層)
 ・「性モデル」 (交尾じゃなくて性別ね)
 ・「年齢モデル」
 (人間の平均年齢じゃなくて人類の成熟度的年齢)

という3つのモデルを用いて、
数千年前からの人類の歴史を分析し、
今後数十年の人類の未来を予測。
その対象は、なんと、北米やヨーロッパだけでなく、
アジア・中近東・アフリカを含め、
世界全体の歴史と未来が対象。

著者の提言をここで全て書き出すことは不可能だが、
特に武士、商人の時代から、労働者の時代へ、
そしてこれからは宗教の時代へ。
それとともにヨーロッパ、アメリカから、
アジアの労働者の時代に、そしてインド、
イスラム、アフリカを中心にした宗教の時代へ向かう
という部分はなんとなく正しい気がした。

ユダヤ人で10カ国を話し、日本、そしてイスラエルへと
転々と居を移す著者だからこそ見えていることも
あるのかなと。

書評を見ても賛否両論真っ二つだが、当然だろう。

この著者の視点は「木を見て森を見て」いるどころか、
「宇宙から地球を見て、各大陸の動きを予測」
するぐらい思いっ切りズームアウトした切り口
に思えた。

なので、枠があまりに大きいがゆえに、
著者の予測は正しいとも間違っている
ともどちらとも言えないし、
またどちらとも言えるのだろう。

いずれにしろこの予測の結果は数百年後の人達に
しかわからないだろうと思った。

正しいかどうかにあまり意味はなく、
こういう視点があることに刺激を受けた。

「人類(又は社会)は今後どう進化するのか」について
誰でも関心があると思うが、
この本は「いつか理解できる日がくる」と信じ、
ずっと手元においてある。
自分の進化を実感したら、また読んでみたい。


自分が「じわじわと」進化しよう。

posted by やす at 02:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月16日

医療ビジネスの実態を知るにつけ健康のありがたみが身にしみる件

今日はこの本を紹介する。






医療ビジネスの闇 病気生産による経済支配の実態

あなたもうすうす気づいている
と思うけど、現代の医療が必ずしも
「患者の立場」によりそったものでは
ないということをこの本は明らかに
してくれた。

医療費は削減される一方の昨今、
薬代だけは高騰を続けている。

批判される医師や病院の背後に
そびえる巨大なシステム。

近代医療という大義名分のもと、
医療行為を独占し、かつ
システム化を進めた黒幕。

国境を超えた「金融-石油-農業・医療」
複合体が優先すべきは「医療ビジネス」であり、
患者ではないということを明らかにする。

筆者は我々一般市民が何の疑問も
持たず、「お医者さん」のいうこと
を無条件に受け入れることの危険性を
喚起する。

例えば、
・薬は急性症状緩和には役立つが、
 長期的に完治に導くものは1つもない

 とか

・新薬の臨床実験は援助の名で途上国で
 行なわれており、日本は属国ゆえに
 タミフルや子宮頸がんワクチンが
 押し付けられている

 とか





薬1.jpeg

・治療ガイドラインの薬剤選択は
 編集委員の多数決で決められ、
 エビデンス(証拠・証明)の欠片も
 なく、エビデンスの拠り所となる
 一流紙の掲載論文は資金供出する製薬
 メーカーの意向が反映してる 

 等々。
  

小◯方さんや、
理◯◯研究所なんて可愛い
もんだと思えてくる。

最も衝撃を受けたのが、
・医師は抗癌剤が効かないことを
 知っているので、自身が癌に
 なっても抗癌剤を受けない。

・そもそも複雑系が司る人体は
 近代医学で治療はできない
 という話しに至っては、
 衝撃どころか寒気を覚える。

著者は実際にクリニックを運営
しているれっきとした「開業医」で
あるにも関わらず、こんな本を
書いて大丈夫なのだろうか?と
心配してしまう。

発禁どころか、それ以上の妨害を
受けてもおかしくないが、
敵もさるもの、
妨害なんかしたら存在を認める
ようなものだし、実際に不利益を
被る脅威がない限りは
「医学界におけるトンデモ本」扱いで

誰も相手にしないんだろう。

俺は仙人さんに
・「医者は症状の緩和はできるけど
  完治させることはできない」
・「医者は専門職だから、自分の専門
  以外はビックリする程知らない」
・「医者は今おきている症状に対応
  してるだけで根本的な原因を突き
  止めることはしない」
・「病気は突然降ってくるわけじゃない。
  自分で病気にしてるんだから自分で
  治さなきゃ」

と普段から聞いてるので、
あまり驚かないけど、
この本を読むと怖くなる。

日本中の人達がこの本を読んで、
医療ビジネスの実態を知り、健康について
深く理解し「病気にならない身体」に進化する
しか彼らに対抗する手段は無いと
強く思った。

仙人さんの言葉を聞くべし!
↓↓↓↓


もっと見て
posted by やす at 14:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年02月11日

今ある環境を生かす -おかれた場所で咲きなさい-


宇宙につながっているのは、
過去でもなく、未来でもなく
「今」のみである。

貴方の歴史を創っているのは
過去でもなく、未来でもなく
「今」のみである。

時間は過去から未来に流れて
いるのではなく未来から現在に
向かって流れている。


量子物理学の世界では、
未来が現在に影響を与えること
があるらしい。

とすると
「未来のありたい姿で今を生きる」
ことがとても重要だという
ことになる(のかなぁ)。


そういえば子供のころは、
スポーツとか遊びでは自分の
ヒーローに「なりきって」
遊んでいたはずだ。


そういう意味では「形から入る」
というやり方もあながち捨てた
ものじゃない。

それは何も難しい話
じゃなくて、
子供のころから自然に
やってきたことだ。

大人になってもスポーツを
するときは「誰かになりきる」
感性は重要だと思う。


仕事の場合、尊敬する上司や
その業界での有名人を「メンター」
として無意識に真似ていたりする。


それは「ミラーニューロン」と
いって人間は必ず誰かに
「影響されている」ことは
脳科学的にも証明されている。


そーいえば仙人さんは、
「自己イメージはあなたが
普段接している人全員の
イメージを混ぜ合わせて
シェイクしたものであって、
決してあなた一人で作り上げた
ものじゃないよ」と
言っていたな〜。


だから「将来のありたい姿(人)」を
イメージし、「今」に集中して
生きることが成功へのマインド
セットの最も重要な要素の一つ
なのではないだろうか? 

ということに想いをはせる。

おれは結構「環境適応力」には
自信があるんだけど、それは
「ミラーニューロン」機能が高い
ということかもしれない。


という意味では良いメンターを
選んでよい影響さえうければ
成功できるのかな。

俺の弱点は
「未来をイメージしすぎて
今をおざなりにしがち」
なところか。

というか、やらなければならない
ことを未来に「先送り」にしている
自覚がある。
確信犯だ。


自分の置かれている環境のなかで
足りないところを嘆いたり、
他人を羨んでみても確かに

「何も生まれない」。 


時間を無駄にしているだけ。

自分が置かれてる環境なんて、
自慢しようとも嘆こうとも、
上には上があるし、
下には下がある。


持っていない事を嘆くより、
「今持っているもの」に感謝し
誇りに思うようにしよう。

「おかれた場所で咲きなさい」
ってことだ。

突破口は「自分と向き合うこと」
でしか得られない。


「将来のありたい姿」をできるだけ
細分化し、それを実現する為の日常
習慣を構築する。

その為に具体的な方法を
「ルーテイン化」する。

「小さなことからコツコツと」だ。

将来の成功とそれを味わっている
自分をイメージしながら
地味な今に耐える。

例えば農家の人達は未来で美味しい
作物が成ることを想像して地味な
農作業に耐えているのだ。

いや「耐えている」なんて失礼だ。
きっと「楽しんでいる」んだろう。

そういう境地にたどり着かなれば
何事も成し遂げられないような気はする。

気はするけど。。。


自分のモチベーションを
自由自在にコントロールできれば
最強になるのにな〜と思う。

頑張れ、俺。

小さなことでも「確実にこなす」ことを
今年のノルマとしよう。

「例え下手でも
 やる価値があることはやり続けるべき」だ。

「末は大河となるべき川も
 しばし木の葉の下くぐるなり」だ。

↓↓↓この中で語られていることの5%だけ↓↓↓
↓↓↓自分のものにできたら成功できるのに↓↓↓



もっと見て
posted by やす at 22:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする